可能性アカデミー



私たちの脳
昨今の脳科学では、私たちの感覚・感情・思考・行動、または意識や無意識は、全て脳が関与していることが解明されています。つまり、わたし達の人生は脳によって創られていると言えるのです。一方で多くの方が、今までの経験を自分としています。そして経験の延長に未来を想像するのですが、私たちの脳には経験で得たものやその想像上に考えている範囲を遙かに超えた可能性が実際に備わっていることがわかってきています。
私たちを取り巻く様々なできごと……

悩み・ストレス・健康・
恋愛・夫婦関係や家族・
子育て・仕事・技能スキル・
自分の将来・目標や生きがい、
これらは全て、あなたがどのように脳を使っているかが、今のあなたの人生に現れていると言えるのです。

あなたがあなたの未来を望む日々にしていきたいのであれば、今までと同じように脳を使っていては、過去の繰り返しにしかなりません。
脳の可能性を引き出してこそ、あなたにとって望む未来を創造することが可能となるのです。

わたし達は、脳をどのように現実生活に活用すれば人生の可能性の最大化を実現できるのかを研究し、脳科学を応用した「自己成長支援プログラム」を体系立てています。それが脳大成理論©です。
この理論は、脳のメカニズムを知り、具体的な実践方法であるマインドテクノロジーを身に付け、あなたの目標を達成するための自己成長を支援する目的とした理論です。
脳大成理論とは
自分を知るとは脳を知ることです。脳大成理論©は、脳を知り、活用することで、人生をより良いものに変えていくための理論を体系立て、方法論の開発に挑戦しています。
脳大成理論©では「人生におこる全ては脳が創り出している」という立場に立って理論を構築しています。私たちにまつわる全ては脳の反応によるものなのです。
今まで実体として捉えることができなかった「心・精神・無意識・潜在意識」などは、全て脳の反応であることがわかってきています。脳科学の進歩により、脳がどのように作用することで、どのような結果に繋がるのかが分かってきました。そういった科学の知見を、日常生活というわたし達を取り巻く環境や対人関係、健康状態、経済に至るまでの様々な問題や課題に応用することで、それらを望むように変化させることが期待できるのです。
また、実際に理論上正しかったとしても、現実に応用することのハードルが高ければ、事実上不可能となってしまいます。しかし、脳大成理論©は、3万人以上のカウンセリング実績(現実心理)で実際にクライアントに変化があった実用法を土台に構築しているので、どなたにでも取り入れられる方法論を提供を実現しています。
脳大成理論の背景
私たちは、25年に渡りのべ3万人を超える方々にカウンセリングを提供指定参りました。その相談内容は、心の悩み、健康相談、仕事の相談、組織運営について、営業の指導、経営の相談、夫婦・恋愛・子育て・職場などの人間関係、法律に関する事や資産運用まで多岐にわたります。そういったクライアントと向き合うという経験から、これらの悩みや課題を抱える方々の共通項を見いだしました。
それらの共通項は、精神論や根性論ではない、明確に論理的に説明可能なものでした。
そうした考察を、科学的根拠や学術的論拠から検証し、科学的にも学術的にも正しいと示せるものを脳大成理論として理論立てています。

脳大成理論©は、脳科学、心理学を中心に、部分的に哲学、宗教学、生理学、物理学、 経済学を取り入れ理論化することを試みています。

こうして体系立てられた脳大成理論に基づき、カウンセリングや、コーチング・セラピー、ヒーリング、マネージメントなどを複合的に組み合わせ、脳を活性化させる技術である『マインドテクノロジー©』を開発し提供しています。

多くの受講生が、脳大成理論を学び、マインドテクノロジーを活用することで、脳を活性化させ、なりたい自分へ向かっています。可能性アカデミーでは、脳大成理論の学習を通じて、自己成長支援をサポートしています。
脳を活性化させるとは?
2つのアプローチ

物理的刺激により身体に刺激を与えて、脳活性にアプローチします。身体法やボトムアップ法とも呼んでいます。一般に良いとされているウォーキング、ジョギング、温泉、アロマ、マッサージ、ヨーガ、食事、呼吸法などはこの分類では物理的刺激に分類される方法です。

情報的刺激により脳活性にアプローチします。情報的刺激は、脳そのものにアプローチする方法です。情報的刺激には、言語やイメージングが主な刺激となります。心因法やトップダウン法とも呼んでいます。読書、動画や音声での学習、映画鑑賞、講義や研修、コミュニケーションなど、一般的に認知学習全般はこの分類では情報的刺激に分類されます。

20年ほど前までは、脳神経細胞は一旦出来上がったら後は死滅していくのみだとされていましたが、実は脳神経細胞は柔らかい細胞で、刺激によって変化し増加することが証明されました。これを『脳の可塑性』と言います。特に認知機能においては、死ぬが死ぬまで変化し増加することが分かっています。その刺激となるのが、物理的刺激と情報的刺激なのです。特に情報的刺激が重要とされおり、これは主に学習によるものです。よって、わたし達は、脳を活性化させ、最適に働かせるために、物理的刺激を効果的に用い、そして学習をすることで情報的刺激を脳に与えていくことで、自分の目標や目的、なりたい自分に向かって脳を働かせることが大いに期待できるのです。
脳大成理論は文部科学省が提唱している
「キャリア教育」に対応
可能性アカデミー/学術指導顧問

東京大学 大学院総合文化研究科教授

言語脳科学者

酒井 邦嘉

Kuniyoshi Sakai

私は、脳の研究を永きにわたって行って参りました。脳という観点から人生を考えた時、人生を豊かにするための基準が見えてきます。例えば、私の研究から引用しますと、手帳に書き付けた方が電子機器を使用するよりも脳活動が上昇したり、マンガもカラーを見るよりも白黒で読んだ方が想像力が高まることが分かってきました。このように、脳科学の知見を生かしますと人生において何を選択したら良いのかの基準となり得るのです。今後、私が担う可能性アカデミー学術指導顧問としての役割を通じて、脳科学で多くの方が豊かな人生を送るきっかけを得て頂けたらと願っております。

脳大成理論/監修

脳大成理論 監修

脳心理科学者

神奈川大学 人間科学部教授 心理相談センター所長

臨床心理士 一級キャリアコンサルティング技能士

杉山 崇

Takashi Sugiyama

脳大成理論 監修

Ph.D神経科学 博士(医学)

増尾 好則

Yoshinori Masuo

筑波大学大学院医科学研究科修士課程修了
パリ第6大学大学院神経科学博士課程修了 Ph.D.
産業技術総合研究所精神ストレス研究チーム長
東邦大学理学部生物学科教授

私は、研究者として「心理学で幸せになってほしい。」という思いから、約30年に渡り研究を続けております。
究極の解は、未だ見つかっていません。ですが、私は監修という立場から、脳大成理論は、その解の一つになると思っています。
正しい知識を得ることで、多くの方が幸せな人生を送ることを願っています。

人生に必要なのは、常に「どう生きるか」を念頭に置いた生涯学習であると考えます。
私は、専門家として、また一人の人間として、脳大成理論がその役に立ち得るものであると確信しております。私もまだ学習に励んでいる者の一人です。人生における可能性の拡大に向けて、是非、皆様と一緒に学習を続けていきたいと思います。

学術監修

田中 昌司

Shoji Tanaka

上智大学名誉教授
日本声楽発声学会理事

岐阜県生まれ。名古屋大学工学部卒業、名古屋大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)。上智大学理工学部講師・助教授を経て、2000年より上智大学理工学部教授(2023年まで)。専門は脳科学。1998年にアメリカのイェール大学医学部客員研究員、2005年にアメリカのコロンビア大学医学部客員教授を務める。現在、日本声楽発声学会理事。
脳には可塑性があるため、何かを経験するたびに変化します。脳のどこがどのように変化するのかということを意識することはほとんどないと思いますが、思考や行動の変化を通して、自分の脳が少し変わったのだと認識することはできます。良い方向に変われば、成長したのだと喜ぶこともできます。また他者の成長を手助けしたいと思うようにもなります。自分や他者の脳に直接手を加えることはできなくても、脳の特性を学んで、どのような経験によって私たちがより成長できるかということを知ることができたら、教育の質を上げることができると思います。私も皆様と一緒に考え、実践していきたいと考えています。